周期的に起こる偏頭痛|まずは原因を探ること

偏頭痛が起こる原因を知ろう

もう痛みで悩まない

看護師

偏頭痛の原因は脳血管の拡張によると考えられていますが、前兆や予兆を感じたら、すぐに暗い静かな部屋で休むようにしましょう。そうすることで血管拡張による刺激を抑えることができます。そんな不快な偏頭痛に効果を発揮してくれると人気があるのがトリプタン系薬剤です。血管拡張を改善し、様々な症状をブロックします。

もっと詳しく

頭痛タイプを見極めて

病院

偏頭痛はひどくなると日常生活にも支障をきたす病気です。偏頭痛の起こる時間帯や状況などを把握しましょう。そういった原因を排除するように心がけることで予防につながり、受診した時にも医師へ的確に状況を伝えやすくなります。

もっと詳しく

診療科を訪れよう

腕を組む女性

脳内物質が関係

独特の痛み方で知られているのが、偏頭痛です。偏頭痛の痛みは、周期的に繰り返すのが特徴です。脈拍に合わせて痛むことが多く、体を動かすことでさらに痛みが増します。偏頭痛に限っては、マッサージなどで血流を良くするアプローチは逆効果です。明るすぎる光も刺激になるため、暗い部屋でしばらく安静に過ごすのがベストな対処と言えます。偏頭痛は、多くの場合脳内の血管が拡張することで生じると言われます。広がった血管が周囲の神経を刺激して、炎症が生じることが痛みの元凶です。血管を拡張させてしまう要因としては、脳内物質のセロトニンが挙げられます。セロトニンは、心の安定に役立つ物質ですが、分泌量が多いと偏頭痛の原因になるのが問題です。セロトニンが多量に分泌された場合、血管には収縮と拡張というプロセスが続いて起こります。血管が広がる時に生じてくるのが、偏頭痛です。セロトニンは、偏頭痛などの痛みを抑える作用を持つ物質です。分泌によって量が減ると概して再生産が追い付かず、脳内はセロトニンの欠乏状態に陥ります。セロトニンを多く分泌させてしまう原因は、概してストレスです。ストレスを感じると、一つの防衛反応から脳は精神的安定を促すセロトニンを出します。従って、偏頭痛を防ぐために必要となるのは、ストレスのコントロールです。実際、ストレス性疾患に罹患している方には、偏頭痛が多い傾向が見られます。うつ病との関連も指摘されるようになっており、精神科でもこの手の頭痛は治療の対象です

日常生活が一つの問題

ストレスをコントロールするためには、心の在り方を工夫する必要が出てきます。物事の見方や捉え方を変えることが一つの対策法です。最近の心療内科では、認知行動療法などを通じてストレスの軽減をはかります。状況を異なる視点から捉えることで、ストレスの感じ方も変わることが多いです。医師やカウンセラーとの二人三脚で、それまでの歪んだ考え方を治していきます。このような治療を生かすためには、日常生活も見直すことが大切です。治療を受けても、セロトニン量が減少するような生活を送っていては効果が減ります。昼夜逆転の生活は、セロトニン量を減らす大きな原因の一つです。太陽の光を浴びないと、体内リズムが乱れて脳内物質の分泌が低下します。また、セロトニンの原料となる栄養素が欠乏している場合も要注意です。トリプトファンなどの栄養素が足りていないと、分泌もスムーズにいかなくなります。治療中は、意識的に生活を改めることが効果を得るコツです。生活習慣の中に、偏頭痛の原因が潜んでいることも多々あります。例えば治療効果を低下させるのが、カフェインやアルコールの大量摂取や睡眠不足です。また、運動不足も血流や脳内物質の分泌を不安定にさせます。精神的なケアとともに、日頃の習慣を変えることがこの病気の治療では重要です。医療機関では、生活面の相談にも随時応じます。問題点がある場合は、薬の力を借りてみるのも一つのアイデアです。睡眠リズムを整えるための睡眠導入剤や抗不安薬などが、例えば役立ちます。

頭痛日記をつけよう

カウンセリング

偏頭痛の原因を探ることは大切です。精神科や心療内科、頭痛外来を設けている専門科を受診して調べます。かかりつけ医を見つけておくと、いざという時に安心です。また、自身でも頭痛日記をつけて起こる頻度などを調べておくといいかもしれません。

もっと詳しく